毛皮売りたい,フォックス

MENU

フォックスの毛皮を売りたい方のための基礎知識

check!

 

ミンクと同様に人気が高く、高価買取も期待できるフォックス。
買取店に行く前に、フォックス毛皮について少々の知識を得てから査定に臨むのが得策です。


フォックス毛皮の基礎知識

 

フォックス毛皮の特長

 

毛足が長く、光沢が美しいフォックス毛皮は、保温性、耐久性もあり、コートやジャケットの他、ショールやマフラーなど小物にも使用されるなど幅広いアイテムで活躍する毛皮です。

 

 

流通している毛色による違い

 

シルバーフォックス、プラチナフォックス、ブルーフォックス(シャドーフォックス)、レッドフォックス、ホワイトフォックスという毛色が流通している中で、特に多いのは100年ほど前から養殖がおこなわれているシルバーフォックスやスカンジナビア産のブルーフォックスだと思われます。

それぞれに多少の毛質の違いがありますので以下に挙げてみたいと思います。参考にしてください。
・シルバーフォックス
 毛色は全体がシルバーブラックで、銀色に輝くオーバーコートと、尾の先が白色をしているのが特長です。もともとは、レッドフォックスの突然変異でした。100年も前から養殖がおこなわれ、現在流通するシルバーフォックスはすべて養殖です。シルバーフォックスでは黒っぽいところと銀色が鮮明なものが良質とされ、当然、取引価格も高いし、高価買取も期待できます
・ブルーフォックス
 ブルーフォックスのほとんどはスカンジナビア産といわれ、フォックス毛皮の中でも生産量が多い種類です。また、フォックスの中で一番肌触りがよく、そのシルキーさから毛皮衣料として最も利用され人気の高い品種です。綿毛が密生しているのでふんわりとボリュミーな特長もあります。シャドーフォックスと呼ばれているものは、ブルーフォックスの中でも毛色の薄いものがこう呼ばれています。
・レッドフォックス
 レッドといっても普通はオレンジっぽい毛色ですが、カムチャッカ産のものは赤みが強いのでファイアーフォックスとも呼ばれ、最高級品とされています。北米で生産されているものの中ではアラスカ産やカナダ産が良質ともいわれます。

 

 

ブランドに左右されるフォックス毛皮買取価格

 

 

毛皮では見極める目がないと、よいものでも安価で買取されてしまうことも。
しかし、ブランドタグが付いていれば、例えば、それほど鑑定眼のない査定員だったとしても(そういうお店はおススメできませんが)、ある程度正確な評価も可能になるでしょう。

fox

フォックス毛皮であれば、「サガファーサガフォックス)」「アメリカンウルトラ」「アメリカンレジェンド」、日本では「エンバ」といったブランドタグが付いていれば、状態にもよりますが、同素材のノーブランドよりも好評価での買取は確実です。


 

フォックス毛皮買取店おすすめはこちら

フォックス毛皮に対する基礎知識を得たところで、おすすめの買取店をご紹介します。

買取プレミアム

買取プレミアム

買取プレミアムでは、デザインが古い、ノーブランド、虫食い毛皮、毛並にクセがついた毛皮などもあきらめないで相談してほしいそうです。 ワシントン条約や養殖でも足りていない現状から需要に供給が追い付いていない現状から毛皮の価値が高まっている今が売り時だとも・・・。 買取例として、このようなものがありました。ご参考にしてください。

買取プレミアム詳細 買取方法:出張買取 宅配買取 店舗買取 サービス:出張費用、査定費用、手数料、キャンセル料無料 支払方法:出張・店舗の場合は即日現金払い

ボタン1